役立ちコラム

【転職4回】大人の発達障害×うつと診断された僕が仕事で気をつけていること

ピアトス
こんにちは ピアトスです。

発達障害とうつの診断で精神障害者保健福祉手帳を取得しています。

障害者枠で契約社員として雇用された後、現在は正社員として働いています。

そんな僕と公認心理師のサイトス、精神保健福祉士のメントスで「大人の発達障害あるある」や「仕事をする上での工夫」について話してみようと思います。

大人の発達障害が注目されるようになった背景

こんにちは 公認心理師のサイトスです。

現在は複数の企業でメンタルヘルスケアの仕事に就いていますが、以前は児童発達の分野で働いていました。

児童の発達障害はここ10年程で認知され理解も深まりましたが、大人の発達障害の就労支援についてはまだまだ整備されていない現状です。

発達障害によって働くことに難しさや生きづらさを抱えている人がいることを、もっと知ってほしいですね。

サイトス
こんにちは 精神保健福祉士・社会福祉士のメントスです。

そうですね。最近は就労支援の相談に来られる方の中にも、発達障害の診断を受けている方も多くなってきましたね。

今日は当事者であるピアトスから、就労にあたりどんなことで困っているのか、どんな支援があると良いか等、色々なことを率直に聞かせてもらえると嬉しいです。

メントス

仕事をする上での色々な困り感

ピアトス
僕は、発達障害と診断されたのは3つ目の会社を退職した27歳の時でした。

自分自身は「発達障害という言葉を知っている。」という程度で、自分で発達障害の検査を受けようと思ったわけではありませんでした。

姉の勧めで検査を受けたことでASDとADHDという発達障害の診断がついたのですが、この時点では自分よりも周りがその結果に納得をしたという感じでしたね(笑)

それまでに3つの会社で働いたということですが、どのような業務だったのか教えてもらってもいいですか?
サイトス
ピアトス
はい。理系の大学を出て、最初は化学メーカーの営業職に就きました。

大学では化学を専攻していて、本当は研究を続けたかったんですが大学院に落ちてしまって・・失意の中あまり考えずに就職をしました。

なるほど、最初は営業職だったんですね!やってみてどうでしたか?
サイトス
ピアトス
自分の得意分野を雄弁に語るのが好きなので向いているかなと思ったんですが、一方的に話してしまうので全然うまくいきませんでしたね。

間違っていないし、正しいことをしていても周りからは「使えないやつ」と言われて、どうしていいかわかりませんでした。頑張れば頑張るほど事態は悪くなっていくんです。

お客さんとのコミュニケーションともうまくとれませんでしたね。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)の特徴

ASDの方の特徴の代表的なものをあげてみました。
サイトス

ASDの特徴

  • コミュニケーションを必要とする業務や活動が苦手
  • 自分のやり方へのこだわりが強く、融通が利かない
  • 自分の関心以外の事には、興味が持てない
ピアトス
僕そのものですね(笑)

お客さんとのコミュニケーションはもちろん、上司とのやり取りにも苦労しましたね。

とても良い方だったので、今思えば申し訳なかったなと思うことがいっぱいあります。

僕は就労移行支援事業所に通って、就労に必要なスキルを身につけることができました。

どんなスキルが役に立っていますか?
メントス
ピアトス
資格や技術などを身につけたことはもちろんですが、一番役に立っているのは「自分の取扱説明書」を手に入れたことですね。
「自分の取り扱い説明書」ですか なるほどいいですね。どんなトリセツか教えてもらえますか? このサイトを見ている人にも参考になるのでぜひ。
サイトス
ピアトス
わかりました。参考になるかはわかりませんが、僕の通っていた就労移行支援事業所で作ったものなのでもう6年くらい前に書いたものです。

私の取り扱い説明書(ナビゲーションブック)

私の取り扱い説明書

  • 私の仕様

私はひとつの仕事を集中してこなすことが得意です。

パソコンの組み立てのような作業やデータ入力、文章の入力、調査 など正確さが求められる仕事にやりがいを感じます。

プログラミングの資格取得に向け勉強もしています。

  • 私の上手な使用方法

口頭ではなくメモやメールでの指示の方が理解しやすいです。

いくつもの仕事を同時並行で行ったり、優先順位をつけるのが苦手なので、一つずつ指示をしてください。

急な予定変更など、臨機応変な対応に困難をきたすので見通しの立てられるスケジュールを提示してください。

「なるべく早く」 や「手が空いたら」などの曖昧な表現や、表情やその場の空気などから何かを「察する」能力が低いため、具体的で率直な表現だとわかりやすいです。

  • 私のお手入れ方法

過集中になる傾向があり、疲労からミスを起こしたり生活リズムを崩す場合があります。

定期的な休憩が取れる環境であれば、不具合が生じにくいでしょう。

  • 私が気をつけること

身だしなみを整える。

挨拶をする。

一方的に話さない。

相手の話に相槌をうつ。

ピアトス
今、あらためて見ると恥ずかしいですね。

これは一番初めに書いたもので、色々な訓練を続けていく中で自分の特性に気づいたことをどんどん書き足していきました。

自己理解や障害理解は一番重要で、一番難しいことだと思いますよ。
メントス
これは就労移行支援事業所を利用している皆さんが取り組んでいたんですか?
サイトス
ピアトス
この「私の取り扱い説明書」は最終的に就活の応募書類作成や、面接の練習、合理的配慮の申請などの元になる資料として使用しました。

なので、取り組まれた時期は違うかもしれませんが皆さんトリセツ作りには向き合われたと思います。

僕は自分のことが全然わかっていなかったので、一番最初にトリセツ作りをすすめられましたね(笑)

これを元として就活の書類作成もしていくんですね。実際に面接にも役に立ちましたか?
サイトス
ピアトス
はい。オープン就労の場合、必ず障害の特性についての説明が求められ、それに対して自分で対処していることや、会社に求めたい配慮などを聞かれました。

このトリセツを面接に対応できるように事業所のスタッフや転職エージェントの方のアドバイスを受けながらさらに膨らませて面接にのぞみました。

就労してから気をつけていること

就労後、何か気をつけていることはありますか?
メントス
ピアトス
恥ずかしい話ですが僕は過去の職場では、先ほどのトリセツで「私が気をつけること」に書いた

  • 身だしなみを整える。
  • 挨拶をする。
  • 一方的に話さない。
  • 相手の話に相槌をうつ。

が、本当にできていなかったな思います。

僕がオープン就労で入社した会社は障害者も多く、障害への理解やその特性に対する配慮はこちらが求める以上の対応だったので何も苦労しませんでした。

なので、僕は自分が気をつけなければならないことをしっかりと守ることに専念しました。

今では意識しなくても出来ていると自分では思っています(笑)

そうだったんですね。オープン就労で障害に理解があり、配慮がある職場に縁があったことで、生活面やマナーについても意識を変えることができたんですね。
メントス
ピアトス
自分一人で就活をしたのではこうはいかなかったと思っています。

このサイトに来てくれたみなさんも就労移行支援事業所や転職エージェントを利用して、自分の特性合った職場に出会えることを祈っています。

今日はピアトスから色々な話が聞けて良かったです。

たまにはこういった座談会形式もいいかもしれませんね。

メントス
はい、また 企画しましょう! ここまで読んでくださった皆様 有難うございました。
サイトス

おすすめの就労移行支援事業所ランキングはこちら

こちらもCHECK

就労移行支援ランキング
【専門職が選ぶ】タイプ別 就労移行支援ランキング おすすめ事業所15選!

続きを見る

    -役立ちコラム

    © 2022 就労三銃士の作戦会議 Powered by AFFINGER5