就労移行支援 事業所

【評判】キズキビジネスカレッジ 適職発見型就労移行支援とは?

うつや発達障害、事故などによる身体的障害など様々な理由で悩みを抱え、社会復帰が難しいと考えている方向けのサービスであるキズキビジネスカレッジ。

適職発見型就労移行支援をしているサービスですが、実際どのような事業なのか解説していきます。

キズナビジネスカレッジとは?

キズキビジネスカレッジとは、うつや発達障がい、知的障がい、身体障がいなど様々な理由で働くことが困難だと感じている人や、社会復帰をしたくても就職先が決まらず悩んでいる人向けに専門的なスキルを身につけてもらうための就労移行支援ビジネススクールです。

就職支援系の場合、多くは軽作業などが多いですが、キズキビジネスカレッジでは、マーケティングやビジネス英語、プログラミング、会計資格の他に現場で使用するビジネススキルであるプレゼンなども勉強することができます。

その方のゴールにあったスキルを習得してもらうことで、スタートアップやベンチャーだけではなく、大企業への就職も支援しています。

適職発見型就労移行支援とは?

就労移行支援とは?

就労移行支援とは、身体的、精神的障がいを抱えた方が、一般企業へ就職など社会復帰をするために支援をするサービスです。

障害者総合支援法という法律に基づいて支援事業を行います。就労移行支援では、主に基礎的PCスキルやコミュニケーションなどの基礎的ビジネススキルや事業所によっては専門性の高いスキルなどのスキル獲得を目指します。

一般就労を希望する障害のある方へ、就労に必要なスキルを身につけるためのプログラムを提供し、就職活動、職場への定着支援を行う福祉サービスになります。
障害者手帳を持っていない方でも、医師の診断や定期的な通院を行っていれば、利用可能な場合があります。
事業所によっても違いがありますが、週1回から通えるところも多いです。生活リズムを整えながら無理のない範囲で通い始め、様子を見ながら就労にむけた準備を整えていきましょう。 専門的なスキルの取得を目指す場合などは、ある程度の通所回数が決められている場合もあるので確認しましょう。
利用料金は世帯所得(本人と配偶者)に応じて、「負担上限月額区分」が決められています。
区分世帯の収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯(注1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満) ※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)。9,300円
一般2上記以外37,200円
現在の状況やご希望によって様々ですが、早い方で半年ほど、じっくりと時間をかけてトレーニングしたい方やスキルの習得を目指す方は1年半~2年通われています。 すでに就職の準備が整っており、早期の就職を考えている方は転職エージェントをお勧めします。障害者向け 就職・転職エージェントおすすめ6選
原則として2年間です。 就労移行支援を1年間利用して就職後、離職。再び移行支援を利用する場合は残りの1年を利用できます。 場合によっては1年の延長が許可されることもあるので、まずは相談することが大事ですね。
コミュニケーション、障害理解、自己理解などの講座。ビジネスマナー、PCスキル、企業実習などの就労に必要なスキルを身につけるためのプログラム。応募書類の作成、面接練習など就活に必要な対策など多岐にわたったトレーニングがあります。 事業所によって強みが違うので複数の事業所に見学に行きしっかりと選びましょう。 タイプ別 就労移行支援ランキング
障害の特性として通勤がハードル高く感じる方もいるでしょう。在宅訓練可能な事業所も増えてきています。 事業所に確認することをおすすめします。
昼食の補助がある事業所もあります。 事業所によりますので確認してみましょう。 【東京】昼食提供・交通費補助あり!のおすすめ就労移行支援事業所
原則的には就労移行支援は働くために必要なトレーニングやサポートを受ける場ですので、すでに仕事をされている在職中(休職中)の方は利用できません。 ただし、自治体や事業所が支援が必要と認めてくれれば利用が可能です。例外の対応ですのでハードルは高いと言えます。 在職中の方で転職を考えている方は障害者向けの転職エージェントの利用も検討しましょう。 就職・転職エージェントおすすめ6選

就労継続支援A型・B型とは?

就労継続支援とは、身体的、精神的障がいを抱えた方が、社会復帰に対して不安や困難な方に就労の支援を行います。

就労移行支援との違いとしては、就労移行支援は社会復帰を望んでいる方に対して就労に必要なスキルを学んで貰うことに対して、就労継続支援は社会復帰が困難である方に対しての事業になりますので少々異なります。

関連記事
就労支援サービス
就労継続支援A型B型・就労移行支援支援・就労定着支援の違いは?

続きを見る

適職発見型就労移行支援とは?

適職発見型就労移行支援とは、キズキビジネスカレッジが行っている就労移行支援です。

一般的な就労移行支援では、軽作業などが多くなってしまうことが多いですが、キズキビジネスカレッジでは様々な職業や職種の中からその方にあった職業に就いてもらうためにビジネスマナーや基礎的PCスキルの他に専門性のあるスキルの習得を支援してくれます。

キズキビジネスカレッジのメリットとは?

キズキビジネスカレッジを利用するメリットをご紹介します。

様々な企業への就職支援

中小企業だけではなく大企業への就職支援を行っている点です。

障害者雇用という枠に捉われることのない支援により、ベンチャー、スタートアップ、大企業、フリーランスまで様々な企業、働き方の支援を行います。

高度な専門性のあるスキルを学べる

その方にあった働き方ができるように支援するために、専門性の高いスキル、資格の習得を支援してくれます。

ビジネスマナーや基礎的PCスキルの他に、会計などのファイナンス知識、webマーケティング、プログラミング、英語、さらにはプレゼンテーションや、ディスカッションまで享受してもらえます。

基礎レベルはもちろん現場で使用できるレベルまでスキルアップすることが可能です。

一人一人を徹底的にサポート

悩みを抱えている方に寄り添うために個別面談などのサポートを行ってくれます。

スキルだけではなくメンタル面でも最大限のサポートが受けられるため、安心してスキル習得が可能になります。

一般型 就労移行支援 おすすめランキング
専門スキル特化型 就労移行支援 おすすめランキング

キズキビジネスカレッジの評判は?

キズキビジネスカレッジは体験者の評判をみても、メンタル面でのサポートが非常に優秀で、自身が何を望んでいるのかなどの自己分析ができるようです。

悩みに対しての向き合い方や整理の仕方など前向きに将来について考えることができる環境が用意されていますね。

スキル面でも、様々なスキルを幅広く学ぶことができるため、自身がどの職業に適性があるか、どの職業に興味があるかを見つけていくことができる環境に対しての良い口コミが多くみられました。

反対にスキルに関しては、全員が必ず身につけられるわけではないといった意見もありました。高いスキルを身につけるためには、やはり一定以上の努力が必要になります。自身の努力が必ず必要になってくる点は、間違えてはいけない点といえますね。

メンタル、スキル共に社会復帰を強くのぞんでいる方に適切なサービスを提供し、サポートする点はキズキビジネスカレッジを利用する最大の強みといえます。

キズキビジネスカレッジなら一般雇用もねらえる!

キズキビジネスカレッジは、社会復帰を強く望んでる方のスキル、メンタルを支援する適職発見型就労移行支援です。

通常の就労移行支援では軽作業や事務を紹介されることが多い中で、専門性のスキルを身につけてもらうことで、大企業からフリーランスまで様々な働き方ができるように支援してくれます。

新しい道に踏み出すためのステップとして就労移行支援の利用を考えている方はキズキビジネスカレッジを利用することをオススメします。

    -就労移行支援 事業所