障害者の就労について

就労移行支援に向いてない人ってどんな人?不向きな人の特徴と対処法を解説

就労移行支援とは、一般就労へ向けたトレーニングや就職後の定着を支援するサービスです。

就職するために必要なサービスではありますが、就職移行支援に向いていないのでは?と感じている人も少なくありません。

この記事では、就労移行支援に向いていない人の特徴と、向いていないと感じたときの対処法を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

就労移行支援に向いていない人の特徴

就労移行支援に向いていない人の特徴は、以下の5つに当てはまります。

  • すでに規則正しい生活が送れる
  • 生活のための貯金がない
  • 早急に就職先を探している
  • 人と関わるのが苦手
  • キャリアアップや年収アップが目的

就労移行支援を受けようか迷っている人は、自分が向いているのかどうか確認するひとつの指標になります。それぞれの内容を説明していきましょう。

すでに規則正しい生活が送れる

就労移行支援を行う事業所にはいくつかの種類があります。働くための生活リズムを整えたり、基礎体力をつけたりといった基本的な生活習慣を身に付けることを目的としている事業所もあれば、ITやプログラミングなどの専門知識を身に付けることを目的としている事業所もあります。例えば、すでに規則正しい生活が送れている人にとって、生活習慣を身に付けるための就労移行支援は必要ありません。

生活のための貯金がない

就労移行支援サービスを受けている間は、基本的に無収入になります。最低限の生活費をまかなうだけの貯金が無い方は、就労移行支援を受けるのには向いていません。

早急に就職先を探している

就労移行支援は中・長期的なサービスです。そのため、早急に就職したい方には不向きです。

人と関わるのが苦手

就労移行支援を行う事業所の支援員は、年齢や性別もさまざまです。担当者との相性が合わないこともあります。また、事業所では他の利用者と関わる機会もあります。コミュニケーションが苦手な方にとっては苦痛になるかも知れません。

キャリアアップや年収アップが目的

就労移行支援は、基本的に就職に不安を感じている方やブランクがある方、障害で就職が難しい方が対象のサービスです。就職に問題のない方がキャリアアップや年収アップの目的で利用しても、思ったような効果は期待できないでしょう。

就労移行支援が向いていないと感じたときの対処法

就労移行支援のサービスを利用しているものの、向いていないと感じたときはすぐに以下の方法で対処するのがおすすめです。

事業所に通う日数を減らす

事業所に通うのがしんどいと感じるなら、通う日数を減らしてみるのも効果的です。
公共交通などを利用して事業所に通う場合は特に体力的にも精神的にも負担がかかります。通う日数を減らせば、心身共に余裕が生まれ前向きに通うことができます。

担当者を変えてもらう

事業所での活動は自分にあっていても、担当者とうまくいかない場合もあります。
担当者との相性が原因で居心地の悪い思いをしているなら、我慢せずに担当者を変えてもらいましょう。担当が変われば、事業所に通うのが苦では無くなるかも知れません。

事業所自体を変える

事業所の担当者と相性が悪かったり、事業所の雰囲気が合わなかったり、自分の目的とするスキルが身につかないと感じたら、事業所自体を変えるのも一つの手です。
事業所は見学や体験ができるので、自分の希望に合うかどうか実際に体験してから決めるのがおすすめです。

自分に合った就労移行支援の選び方

就職を目指すなら、自分に合った就労移行支援を選ぶことが重要です。自分の就きたい仕事はどんな仕事なのかを考えて、その仕事をするために身に付けたいスキルの訓練が行える事業所を選ぶのがおすすめです。

就労移行支援 3つのタイプ

就労継続支援を行っている事業所は複数あり、それぞれ違ったプログラムを設定しています。自分に合わない事業所を選ぶと、易しすぎて成長を感じられなかったり、難しすぎてついていけなかったりするので、事前に事業所のプログラムを確認しておくのは必須です。

就労移行支援3つのタイプ

就労移行支援事業所のタイプは大きく分けて3つあります。

自分の目的合わない事業所では、継続した就労ににつながらないかも知れません。

事業所を選ぶ時は必ず見学をして見極めましょう。

おすすめの就労移行支援ランキング 専門職が選ぶタイプ別事業所15選!

就労継続支援という選択肢も

就労移行支援と似たサービスに就労継続支援があります。就労移行支援は一般企業への就職が目的で、就職に必要なスキルを身につけるためのサービスです。

一方、就労継続支援は、一般企業での就職が難しい方に向けて、雇用契約を結んだうえで企業から請け負った作業を事業所内で行うサービスです。就労継続支援は雇用契約を結ぶので賃金が発生します。二つの支援サービスの違いを把握したうえで、どちらが希望なのかを判断しましょう。

【教えて!】就労移行支援と就労継続支援A型 どっちを選んだらいいの?

まとめ

就労移行支援が向いていない人の特徴と対処法についてご説明してきました。

これから就労移行支援を利用する人だけではなく利用中の人も、自分が向いているか向いていないかを考えるきっかけになったのではないでしょうか。

就労移行支援をうまく活用すれば、就職のために必要なスキルが身につくはずです。

一般企業への就職を目指してスキルアップを図りましょう。

一般型 就労移行支援 おすすめランキング
専門スキル特化型 就労移行支援 おすすめランキング

    -障害者の就労について