就労移行支援 事業所

【評判・口コミ】ココルポートはおすすめ? 利用者の本音を聞いてみた!

ココルポート 強み

 

この記事では全国に3300ある就労移行支援事業所の中から「ココルポートを検討している方」に向けて専門職の視点でココルポートを徹底調査した結果をお伝えしています。

はたしてココルポートはあなたに向いてるの?この記事を読めばわかります!

全国には2022年現在、約3300の就労移行支援事業所があります。

そのうちココルポートは首都圏を中心に現在61カ所の就労移行支援事業所を展開している大手の事業所です。

 

移行率別の施設割合

 

実は・・全国にある就労移行支援事業所の約3割は就労移行実績がゼロなんです・・。

せっかく利用しても就労に結びつかないのは困りますよね。

就労移行支援サービスは一生に一度2年間しか利用できないので、事業所選びは慎重に行う必要があるんです。

皆さんの事業所選びに役立つように、色々な視点からココルポートについて調査していきたいと思います。

ココルポート利用者インタビュー

まずは実際にココルポートを利用して就労した方々へ就労三銃士が独自にインタビューを行いました。

口コミ

2年利用して就職しました

30代男性

障害・症状名、障害者手帳・等級について教えてください。
うつ病、気分障害で精神障害者手帳2級を持っています。

お持ちの障害や症状の診断を受けた経緯について教えてください。
前職の会社経営不振から工場閉鎖により希望退職をしました。
その希望退職を決断するまでに、私の今後の配置先を会社役員の方と打ち合わせをしておりましたが、そこでひどいパワハラを受けて、夜も眠れず、日に日に気持ちが落ちていき、死にたい気持ちも強くなり、精神科を受診したところ、うつ病の診断を受けました。

 就労移行支援を利用するきっかけについて教えて下さい。
病気の発症からしばらくは全く動けず昼夜逆転の生活をして、非常に辛い思いをしておりました。
少しずつ回復してきて何とか日常生活をおくれる程度まで回復しました。
社会復帰を目指すべく、自立相談センターに相談し、就労移行支援所の紹介を頂き体験実習後、正式に通うこととしました。

続きを読む

ココルポートに決定した理由を教えて下さい。
事業所の雰囲気とても良く、自宅からのアクセスが近く、プログラム内容も充実しており、大手事業所というのもあり、最終的には見学・体験利用の際に対応して頂いた管理者の方が非常に対応が良く、良い印象を受けましたので、ココルポートに決めました。

ココルポートの満足度とその理由について教えてください
おおむね満足しています。事業所は適度な距離感があり、なれ合いになりすぎず自分は通いやすかったです。就労に至るまでの一般的なルートのサポートにつきまして徹底しているのですが、個々の事情により少し違うルートになると臨機応変な対応があまり出来ないことに不満を感じました。

 役に立ったおすすめのトレーニングやプログラム等について教えて下さい
・自分を知る(自分がどんな障害を持ち、どういったときに症状が出るのか知るためのプログラム)
・模擬就労(実際の仕事や職場を想定して、業務を行う)
・PCプログラムの補助(スタッフの補助につくことで、サポート業務の体験が出来る)
自分のやってみたいことを先に体験することが出来ました。

就職活動に関するサポートはどのようなものがありましたか?
応募書類(履歴書等)の添削、面接練習、 面接同行、ハローワーク利用補助(同行、利用方法の説明等)、企業紹介がありました。

就労後のサポートにはどのようなものがありましたか?
定期的に電話やメールで様子伺いの連絡がありました。その上で必要がある場合は事業所での面談が可能でした。
必要に応じて職場の方にも聞き取りを行ってくれました。また、必要に応じ就労移行支援事業所で個別カウンセリングも受けてくれました。

ココルポートを検討されている方へおすすめポイントを教えてください。
ココルポートは様々な障害をお持ちの方が一緒に訓練をします。

そのため知らなかったことや分かり合えることも多かったです。スタッフの方も障害について理解も深く常に適切なアドバイスを頂けて非常に有り難かったです。就労に関して、応募書類の添削や面接練習等は親身になってしてくれます。また、交通費や食費の補助もあります。しかし、求人検索や個々の事情に対応することが少し不得意なところが残念な点です。

これから就労移行支援施設を選ぼうとしている方へアドバイスをお願いします。
2年間という短い期間ですが、見学は無料なので複数の事業所を見てから決めた方がいいと思います。
事業所によって待遇が全く違いますし、自分のやりたいことに親身なってくれたり、そのプログラムが対応出来る場所が良いと思います。あとは通所で疲れては意味がないので、なるべく近い方が良いと思います。また、話しやすいスタッフがいるかも非常に大事だと思います。

20代女性

丁寧な支援を受けることができました

20代女性

あなたの障害・症状名、障害者手帳・等級について教えてください。
うつ状態、軽い発達障害、手帳は持っていません。

お持ちの障害や症状の診断を受けた経緯について教えてください
逃避癖や先延ばし癖が酷く、コロナ禍で家から勉強や就活を先延ばしするようになりました。
元々自分に自信をもてない性格で、しなきゃいけないこともできない自分は、もう社会に出られないのではないかと思うようになりました。学校を卒業したことをきっかけに心療内科に通うようになり、うつ状態と診断を受けました。

就労移行支援を利用するきっかけについて教えて下さい。
就活をしなければいけないのに不安からやれなかった時に、インターネットで見つけました。「就活 うつ」と調べた時に就労移行支援事業所がオススメだと書いてあったので、通いたいと考えるようになりました。

続きを読む

ココルポートに決定した理由を教えて下さい。
自分が通えているイメージが1番ついた事業所にしました。
家から通える事業所がそもそも少なくて、全ての事業所から案内をもらって行きたいと思った所に見学に行きました。パンフレットを見て、事業所の方がどんな人か想像ができたからここなら行けると感じました。見学した結果、大丈夫そうだったので、ココルポートに決めました。

ココルポートの満足度とその理由を教えてください。
半年の利用で就職できとても満足しています。真摯に自分に向き合ってくれて、相談することができたました。
最初は苦手だなと思うタイプのスタッフさんでも、話すにつれて良いところや自分がこう言えば適切に対応できると分かりました。私は相談することが苦手だけど、スタッフさんができるだけ相談して欲しい、大丈夫な時でいいからと言ってくださったのが、とてもうれしかったです。

役に立ったおすすめのトレーニングやプログラム等について教えて下さい
自己理解、セルフケアのプログラムがためになりました。自分の考え方の癖や偏りを自覚して、無くしていくことができました。自分が不安になる状況やイライラする場面等も知ると回避できるようになりました。また、スタッフさんの言動で不安になったときは、スタッフさん本人に相談して対応することができました。

就職活動に関するサポートはどのようなものがありましたか?
応募書類(履歴書等)の添削 や面接練習をしてもらいました。

就労後のサポートにはどのようなものがありましたか?
電話で仕事の困り事がないか等の連絡があった。

ココルポートを検討されている方へおすすめポイント
通われている方が少ないので、他の事業所よりも対応が丁寧だと思う。電車の駅からも近いので、通いやすい。交通費や食費の補助もあり、遠方からでも安心して通える。スタッフさんは上司でもなく、友人でもないけど、一緒に悩んでくださる、ちょうど良い距離感だと思う。

これから就労移行支援施設を選ぼうとしている方へアドバイスをお願いします
どういう環境が良いのか。例えば、静かな環境がよいのか、和気あいあいとした環境がいいのか、音楽はなっていない方がいいのか、人数は少ない方が安心するのか等。集中できる環境は人それぞれなのだと思うので、実際にいくつか見に行って検討した方がいいと思います。

ココルポートから就労に結び付いた利用者の方々からの評判は良いようです。

  • 簡単登録

人気 ココルポートHPはこちら

リンク先:https://www.cocorport.co.jp/

まずは気軽に見学から

 

ココルポートの良い口コミ・悪い口コミ

次にcocorportの口コミをGooglemap・Twitterからまとめました。

就労移行支援 口コミ

就職できました!

30代男性

昨年こちらで色々なプログラム(PCスキル、ビジネスマナー等)に参加させて頂き、お陰様で生命保険の会社に転職出来ました。スタッフの皆様からの支援があったお陰です。本当に有難う御座いました。

今はコロナで大変な状況ですが、目標を立てて真剣に通所すれば必ず光は見えてきます。トレーニー(通所者)の皆様も、何か1つでも目標を立てて頑張って頂けたらと思います。 Googlemap

就労移行支援 口コミ

見学に行って来ました!

男性

利用には至らず、見学に行ったのみですが、印象を書きます。就労移行支援所は世の中、星の数ほどありますが、一般事務での就労を目指しているのであれば、一般的な就労移行支援所よりアドバンテージが高い印象です。

ビジネスマナーも学べたり、社会人としての人間力を高める講座もしているようです。他の方のレビューにある様に昼食・交通費(上限1万)支給。

非公開求人や当該就労移行支援所の修了生を採用する企業を扱っているそうです。

就労移行支援 口コミ

昼食、交通費補助はうれしい!

30代女性

雰囲気はいい。福祉施設特有の暗さが少ない。 昼食補助と交通費補助があるので、助かります。 女性の利用者が多いのも特徴です。Googlemap

口コミ 20代男性

駅近で通いやすい!

40代男性

横浜線の改札からすぐです。また、プログラムも自由参加のものがあり、自習に回せるので資格勉強などの時間に回すこともできます。

補助金が出るのでとりあえず在籍してほしいって事業所さんも居ますでしょうが、ここの責任者の方はしっかり通ってほしいと思ってアドバイスしてくれているように感じました。Googlemap

就労移行支援 口コミ

親身になってくれました!

40代女性

ココルポート横浜行ってきました。見学、体験実習ともに親身になってくれて緊張もほぐれて安堵感がありました!最大手のリタリコさんに負けず劣らず頑張ってるように思えます。まだ考えてますが検討する価値は十分にあると思います。いろんな飲み物が飲めるドリンクサーバーがついているのは凄いと思います!スタッフだけでなくメンバーさんも楽しく通い続けているみたいです。いろんなメンバーさんが参加していて体験初日に関わらず趣味の合う方ともコミュニケーション取れたことは大きなことであり、自分自身にも刺激になり良かったと言えます。Googlemap

就労移行支援 口コミ

就職しました

20代男性

利用者として考えてる方へ。 心の病を持っているかたが特に心配されるのは人付き合いかと思われます。 こういう施設はどの企業にしても、あるいは同じ企業でも別々のオフィスでスタッフの良し悪しがあり、最低な態度の方々もいれば利用者に寄り添って考えてくれる誠実な所もあると思います。 ここココルポート赤羽オフィスは後者です。 スタッフは優しく貴方に真摯に向き合ってくれます。しかし入れ替わりが激しいので、私が利用していた時とは別の環境になっているかもしれません。 大事なのは体験してみる事だと思います 私は此処を利用して、立派な社会人になりました。ありがとうございました。 Googlemap

ウェルビー困った口コミ

不安になりました

30代男性

見学の際に対応してくださった男性の方はとても丁寧で感じが良かった。
でも、電話対応の若い女性はビジネスマナーが 全くできておらず、利用者にビジネスマナーをレクチャーする前に、スタッフの教育が必要なのではないか?と思った。Googlemap

悪い口コミ

残念でした

40 代男性

支援対象者の付添で見学などを行ったが、若い男性スタッフが通所している人に対して高圧的な物言いを繰り返していてダメフラグ。そのまま支援対象者と一緒に撤収。ここのスタッフの殆どの人が不健康な太り方をしていたので、運営が色々な意味で不健全なのだろう。

色々な病気を抱えている人が集まっているとこなので、ある意味仕方ないのだろうがやっていることがあまりにも基礎中の基礎を徹底的にやっている この状況下なので仕方ないのかも知れないが、スキルによって授業を分けるなどしないと確実にモチベーションが下がると思う Googlemap

不適切な対応もありました

30代男性

無資格新卒福祉の学習経験無しのスタッフもいて、障害に関する知識がないためか不適切な対応に感じることもありました。また、担当の采配で自習の時間も多かったので、単なるパソコンを貸してくれる場所?と感じる時もありました。IT系のスキルアップにはなりませんのでそういうことを期待している方はITスキルに特化した事業所の方が向いていると思います。Yahoo知恵袋

ネット上には良い口コミも悪い口コミもありました。

 

ココルポートってどんな意味なの?

メントス

これまでに2つの就労支援機関に勤めた経験のある精神保健福祉士・社会福祉士のメントスが、ココルポートについて詳しく説明していきたいと思います。

ココルポートってちょっと聞きなれない名前ですよね?

どんな意味があるのか調べてみました。

CO(コ)は英語の「一緒に、共に」。
COR(コル)はラテン語で「心、気持ち」。
PORT(ポート)は英語の「港」。

人と人が助け合い、力を合わせて、「一緒に」未来に向かうとき、
私たちは変わらずにここにいて、「心」の拠り所となる「港」でありたい。

Cocorport(ココルポート)という社名には、そんな想いを込めました。

 

ココルポートという社名にはこんな素敵な想いが込められているんですね。

「一人ひとりの可能性を信じ、自分らしさと笑顔あふれる社会を共創する」という企業理念がしっかりと伝わってきます。

ココルポート 公式サイト

わかりやすい2分ほどの動画です。お時間のある方はぜひご覧になって下さいね。

データから読み解くココルポートの就労支援

ココルポートの高い就労実績!

Cocorport(就労移行支援)は、これまで累計2,443名(2022年4月現在)の方の就職実績があります。

就職先にも大手企業の名前がズラリとありますね。

必ずしも大手企業が良いということではありませんが、大手企業は障害者を多く雇用している実績があるところも多く、障害に対する理解があったり、合理的配慮を受けられることが多い印象があります。

 

参考

【就職先企業】(一部抜粋)

赤ちゃん本舗 / イオンファンタジー / イーオン / ADKホールディングス / FWD富士生命保険 / NTTファイナンス / オハラ / カクヤス / クレディセゾン / クリーク・アンド・リバー社 / コナカ / 国立がん研究センター東病院 / サマンサタバサジャパンリミテッド / サイバーコミュニケーションズ / GU / ジェイコムハート / 住宅情報館 / シップス / 新日東電化 / シン・コーポレーション / 住友林業ホームエンジニアリング / SOMPOチャレンジド / ソニー生命ビジネスパートナーズ /タマホーム社 / テクバン / 東芝エネルギーシステムズ / トランスコスモス / 東京国税局 / 日通ハートフル / ニチイ学館 / 日産自動車 / 日本旅行サービス / 日本生命保険 / 日本コムシス / パーソルチャレンジ / PwCあらた有限責任監査法人 / 日立ゆうあんどあい / 日立ビルシステム / ホンダベルノ市川 / ボッシュ / 三菱ふそうトラック・バス / 三井不動産レジデンシャルリース / みずほビジネス・チャレンジド / メイテックビジネスサービス / 学校法人明治大学 / メガネスーパー / ヤマトグローバルロジスティックスジャパン / RIZAPグループ / 楽天ソシオビジネス / ロコンド / (あいうえお順)

ココルポートは定着率も高い!

Cocorport(旧メルク)では、就職後の定着支援にも力を入れており、グラフからも年々定着率が上がり企業努力がわかります。

ココルポート 定着率

また就労移行支援サービスが終了後、引き続きココルポートによる就労定着支援サービスを利用された方の定着率は91%!

メントス
就労しても続けることができなかった・・・では困りますよね。

就労移行支援サービス終了後も就労定着支援サービスを利用することでさらに定着率を上げることができています。(※就労移行支援による職場定着支援は最長6か月。その後は就労定着支援サービスを申し込む必要があります。)

就労定着支援

実は就労移行支援事業所には就労定着支援事業を行っていない事業所も多いのです。

就労移行支援事業の定着支援は就労後半年後までなので、その後もこれまでお世話になった事業所で定着支援を受けたいと考えている方にはココルポートは特におすすめの事業所といえますね。

ココルポート利用者の障害種別、年代割合は?

 障害種別・年代

利用している方は精神障害(うつ病、統合失調症、双極性障害、強迫性障害など)発達障害知的障害身体障害難病と多岐にわたっています。

企業理念でもある「徹底的に個別支援にこだわる」支援の提供が、様々な特性を持った方の就労につながっているのだと思います。
事業所やまた通う時期によっても多少年代の割合は違うとのことですが、全事業所でみると幅広い年代の方の利用があるようですね。(2021年5月現在)

通所開始時の通所日数や通所期間はどのくらい?

 

通所日数・通所期間

 

通所開始時は体力的にも不安で、少しずつ慣らしていきたい方も多いと思います。

事業所によっては通所日数を最初から多めに設定しているところもあり、無理をしてしまう場合もあります。

週2回から通えるココルポートはその点安心ですね。様子を見ながら少しずつ通所回数を増やしていきましょう。午前・午後のみといった利用も可能です。

ココルポート 公式サイト

ここが自慢!5つのココルポートの強み・メリットを公開!

メントス
次はココルポートの強みについて紹介します。 ココルポートの強みが自分の求めているものと合うかどうか見極めて下さいね!

【ココルポートの強み・メリット① 徹底的な個別支援】

事業所には色々な障害を持ち、様々な特性の方が通われています。

ある人にとって働きやすいと感じる環境も他の方にとっては苦痛を伴うこともあるでしょう。

ココルポートでは個別の支援を行いながらひとり一人の強みや配慮が必要な点を利用者さんと一緒に整理していきます。

その上で、チャレンジしてみたい仕事や就労方法を聞き取りながらぴったりの就労を探していくのです。

だからこそココルポートの就労実績は高いのでしょうね。

ひどい事業所の中には、プログラムの選択も利用者さん任せで定期的なフォローも全くない、通っても意味がない!なってところもあるそうですよ。

メントス
その点、個別の支援計画を丁寧に立て、定期的な見直しをしてくれるココルポートなら安心ですね。

 

【ココルポートの強み・メリット② 驚きのプログラム数】

ココルポートのプログラムはその数なんと500以上!

自分が希望するスキルを磨くためのカリキュラムが用意されているかは事業所選びの大きなポイント!

プログラムが少なくて飽きてしまった・・・なんてことは絶対にないっ! と思います。

逆に多すぎてどれを選んでいいのかわからないんじゃ?

なんて心配は・・無用ですよ。

ココルポートの強みのひとつである個別支援により、「体調」「悩み」「希望」等を考慮しながらプログラム選びの相談にのってもらえます!

ココルポート プログラム内容

メントス
実際に行われているプログラムの内容をいくつか見てみましょう。

【模擬就労プログラム】

模擬就労は軽作業やPCを使用したデータ入力など、実際の仕事を想定しグループや個人で業務に取り組むプログラムになります。

仕事の流れを理解したり、自分自身の得意なことや不得意な分野を知ることができるでしょう。

これまでに学んだビジネスマナーやPCスキルなどを実際の作業の中で活かすことで、より具体的な就労のイメージをつかむことができます。

例えば『カレンダーを作る』という仕事に取り組むには、

・カレンダーのデザインをする

・Excelなどを使用してカレンダーの枠をつくる

・カレンダーの各月に合う写真やイラストの素材を探す

 

などの工程があります。

これらの作業をグループで協力しながら、コミュニケーションを取り、どうやればより効率的に進めることが出来るか等話し合いカレンダーを完成させます。

具体的な作業を通して『報連相』や『メモの取り方』『タイムマネジメント』『業務報告の方法』など自分自身の課題も発見することができます。

[/st-mybox]

Cocorport 船橋駅前Officeブログより

【SST/助けを求めるプログラム】

本日のプログラム紹介は・・・【SST】の1つ、【助けを求める】についてご紹介します

※【SST】とは、「社会生活技能訓練/Social Skills Training」の略称です。

友人や家族、主治医など・・・様々な場面・相手を想定したコミュニケーションをロールプレイで練習するプログラムです。

仕事や日常生活で「困った!」と感じた経験は誰でもあるかと思います。
自分で何とかしようにも解決策が見つからなかったり、状況が変わらなくて大変な思いをしたり・・・

実はこんな時、1人で抱え込むよりも周囲に助けを求めると早く解決する場合も多いのです。
ずっと悩むよりは、どうせなら早く解決したいですよね・・・

今回は様々な状況で共通する「助けの求め方」について、スタッフのロールプレイを通しながら進行していきました。

参加者の皆さんからは、
「1人で悩むよりも、思い切って助けてもらった方がスムーズに進みますね」
「困っている・焦っている時こそ伝え方も大事ですね」「助けてもらった後のことは考えたことなかったです」などの意見が挙がりました。

「助けを求める」と聞くとハードルが高い印象ですが、実際やってみると「こういうことか」と納得された方もいらっしゃいました。実践あるのみです。

・・・意見出しやロールプレイに関して、「強制なの?」と心配された方!
強制ではなく、聞くだけの参加も大歓迎です。それでだけでも、多くの気づきが得られるプログラムとなっています。

プログラムでの学びを日々の訓練時でも実践することで、困った際の助けの求め方が自然と身に付いてくるかもしれませんね。

セルフマネジメントのプログラムは継続した就労のために重要なスキルを身につけることができます。
ロールプレイは苦手・・という方はまずは見ているだけでも大丈夫です。
自分のペースで取り組みましょう。

自己学習用にeラーニング(動画講座)も50講座以上用意!

ココルポートではeラーニング(動画講座)も提供しています。

タイピング練習などの基礎的なものから、マイクロソフトオフィス(ワード・エクセル・パワーポイント)講座やMOS試験対策講座、アドビ(Adobe)各種講座やプログラミング講座まで、なんと50講座以上の動画講座が用意されています。

マイクロオフィス講座

Word【基礎/応用】→MOS Word 攻略問題

Excel【基礎/応用】→MOS Excel 攻略問題

Power Point→MOS PowerPoint 攻略問題

Access【基礎/応用】

アドビ講座

HTML【基礎】

Illustrator【基礎/応用/CS5等】

Flash【基礎/応用/CS5等】

Photoshop【基礎/応用/CS5/CC2021等】

Dreamweaver【基礎/応用/CS5等】

プログラミング講座

コンピューター概論

C言語

JAVA

SQL

PHP【基礎/応用】

その他講座

パソコン基礎(タイピング練習)

簿記3級

ビジネス英会話

中国語入門(初級)

ステップアップ中国語講座

就職活動対策講座

ビジネスマナー

女性の為のおしごとマナー講座

個人情報保護対策

セクハラ対策

 

ひとり一台パソコンが自由に使える環境で資格取得も目指せる!

パソコンを使いたくても空いていなくて使えない・・なんてことはありません!

ココルポートはひとり一台パソコンが用意されています。

十分な環境なおかげで資格取得をする人も増えているそうです。

<よく受講されている講座(1位~20位)>

講座内容学習時間
1位タイピング練習
2位Excel 基礎12時間
3位MOS Excel試験対策24時間
4位Word 基礎9時間
5位Excel 応用15時間
6位MOS Word試験対策16時間
7位Word 応用8時間
8位PowerPoint8時間
9位簿記3級15時間
10位面接突破講座2時間
11位コンピューター概論15時間
12位ビジネスマナー3時間
13位MOS  PowerPoint試験対策7時間
14位パソコン基礎15時間
15位就職活動対策講座2時間
16位ビジネス英会話2時間
17位女性のためのおしごとマナー講座1時間
18位個人情報保護対策1時間
19位Photoshop基礎12時間
20位C言語60時間

 

【ココルポートの強み・メリット③ 交通費、ランチ応援制度!】

昼食・交通費の補助 就労移行支援

就労移行支援事業所に通う時は基本的に就労しておらず、貯蓄を切り崩すなどしながらやりくりしている方が多いと思います。

となると通所にかかる交通費や食事代はかなりの負担に。

就労支援を受けたくても受けられない・・なんてこともあるかもしれません。

就労移行支援で昼食を提供してる事業所は全体の60.7%。

交通費の助成も自治体によってまちまちなのが現状です。

ココルポートは公共交通機関を利用して通所される方に月上限1万円を助成。(※自治体から一部交通費支給を受けている場合は、差額実費分を助成。)

また終日or午前半日通所の方に昼食も提供されます。(※一部事業所では未実施)

ココルポートなら安心して通所することができますね!

ココルポート 公式サイト

 

【ココルポートの強み・メリット④ 多職種の企業に就労可能!】

ココルポートでは実習先企業や就職先企業の開拓を積極的に行っています。

そのため多職種の企業に就労実績があります。

 

業界、職業別

 

【ココルポートの強み・メリット⑤ 主治医や関係機関との連携!】

ココルポートでは家族や関係機関との連携を大切にしています。

通院同行を行って主治医と支援の方針を共有しながら、利用者の方が無理なく働き続けられる就職先が見つかるように支援しています。

利用者さんの中には、主治医と事業所の方針に差があって悩んだり、そのせいで事業所に通いづらくなってしまう方もいます。

通院に同行してもらい主治医から説明をしてもらったり、現状を家族に伝えてもらうなど関係者との連携が就職後のフォローにもつながり、長期的な就労を可能にすることができます。

 

ココルポート 連携

ココルポートのその他のおすすめ

ココルポートはブログが充実!

ココルポートでは各事業所がブログを開設しています。

各事業所ごとにおすすめのプログラムやイベントの様子を定期的にアップしています。

通える範囲の事業所のブログを読んでみましょう。事業所の雰囲気が伝わってきますよ。

ココルポートカレッジ(自立生活訓練)も好評!

ココルポートでは全国で17拠点のCocorport College(ココルポートカレッジ)自立訓練事業所を運営しています。

ココルポートカレッジは障害をもった青年期の方が自立に向けて様々な知識や経験を積んでいただく学びの場です。

プログラムは、生活・コミュニケーション・研究・イベント・仕事の5つのカテゴリーにわかれ、300種類以上が用意されています。

就労前の段階で生活面の課題解決や対人スキル面での解決の方法を知ることで、その先の就労へと安心してつながっていくことができます。

すぐに就労移行支援を利用するのは不安がある場合、ココルポートカレッジの利用も検討されてはいかがでしょうか。

 

ここが残念・・ココルポートの弱み・デメリット

ココルポートでは徹底した個別支援を行うことで、様々な特性のある方々の支援を行っています。

障害をお持ちのどなたにも対応できるように多くのプログラムを用意し、多岐にわたる就職先へのサポートを行っているのですが、裏を返せば専門スキルに特化しているわけではなく総合的な就労支援と言ってよいでしょう。

ITやWEB制作などの特化型の支援を求めている方にとっては、デメリットとなるかもしれませんね。

IT・WEB系のスキルを身につけたい方はこちらがおすすめです。

専門スキル特化型 就労移行支援 おすすめランキング

 

 

ココルポート 利用方法

メントス
次にココルポートを利用する際の手順について説明します。

 

step
1
見学申し込み

まずは公式サイトより見学の申し込みをしましょう。

ココルポート 見学申し込み見学希望の事業所の場所を選んでから、入力情報は名前、フリガナ、住所、電話、メール、ココルポートをどこで知りましたか?の6項目でOKです。

ココルポート見学申し込み.

step
2
見学

見学前にココルポートについてわかることは事前に下調べをしておきます。

この記事を読んでいただければ、ココルポートの特長や各種データなどがわかると思います。

見学の際に確認したいことや、質問したいことをまとめておくとスムーズです。

メントス
当日『何か質問はありますか?』と急に聞かれるとあわててしまうこともありますからね。

その上で見学時のチェックしたいポイントは2つ。

  • 事業所の雰囲気は自分に合っているか
  • スタッフの質、自分との相性はどうか

事業所には少人数で和気あいあいとしたアットホームなところ、個別ブースが充実していて集中しやすい工夫をしているところ、グループワークが活発なところなど事業所のカラーがあります。

アットホームな雰囲気が好きな人も苦手な人もいるように、合わない事業所へ一定期間通い続けるのは苦痛を感じるかもしれません。

いくら良いプログラムがあっても通い続けることができなければスキルアップできません。雰囲気になじめそうかどうか、自分が通うことを想像してみてくださいね。

もうひとつ、スタッフとの相性も重要です。

ひとりのスタッフに対して、『フレンドリーな人』『なれなれしい人』『相談しやすそうな人』等、人によって印象は様々です。

見学時の短い時間でも言葉使いや距離感など、自分と合いそうかチェックしてみてくださいね。

見学後、自分に合いそうだなと思ったら、プログラムの体験に進みます。

step
3
体験実習

見学後の体験実習では1日~3日程度、他の利用者と一緒に実習を行います。

朝の朝礼から始まり 、その後プログラムを体験。

そして終礼後には、1日の振り返りをスタッフと1対1で行ってくれます。

どんな環境で、どんな人達が通い、どんなプログラムを行うのかしっかりと体験することができるので自分に合うかどうか確認することができ安心です。

step
4
受給者証発行・契約

体験後、利用申し込みをする場合は就労支援サービスを利用するために必要な「受給者証」を取得する必要があります。

>>>解説!就労支援を受けるために必要な受給者証の申請手続きのポイントは?

事業所スタッフが受給者証取得に向けてサポートをしてくれるので安心です。

step
5
トレーニング・就職活動

ココルポートには555種以上のプログラムと50以上のeラーニング の動画講座があり、ひとり一人のペースや目的に合わせてトレーニングをすることができます。

トレーニングにより就労の準備が整った後は「企業研究」「自己分析」などの就職準備や「履歴書作成」「面接練習」などの就職活動に向けた対策など丁寧に就職に向けてサポート!

step
6
就職後のアフターフォロー

ココルポートの就労支援は就職がゴールではありません。

就労後の6ヶ月間、面談や電話によるフォローや職場訪問等を行っています。

また、6ヶ月以降も就労定着支援サービスを利用することでさらに継続してフォローを行うことも可能です

ココルポート 公式サイト

ココルポート 利用料金は?

本人や配偶者の前年度所得に応じ、利用料(1割負担)がかかる場合があります。
現在ココルポートでは9割の方が無料で利用しているとのことですが、自身の利用料金について詳しく知りたい方は一度お住いの行政担当課に相談されると良いでしょう。

世帯の収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯(※1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円(※2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除きます(※3)。
9,300円
一般2上記以外37,200円

(※1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。

(※2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。

(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります。

ココルポート事業所の場所はどこにある?

2022年4月現在 全国に61カ所!お住いの近くに事業所があれば一度見学をおすすめします。

東京都

町田駅前/目黒駅前/北千住/赤羽/新小岩駅前/三鷹駅前/調布/日暮里/府中駅前/八王子駅前/新板橋駅前/八王子第2

神奈川県

川崎/川崎砂子/湘南藤沢/湘南辻堂/本厚木/相模大野/武蔵小杉/横浜/横浜関内/横須賀/横須賀第2/横浜第2/平塚/大和/横浜戸塚/長津田駅前/平塚第2

千葉県

千葉/船橋/柏/津田沼/柏第2/新松戸駅前/船橋駅前/蘇我駅前/勝田台駅前/流山おおたかの森駅前/勝田台第2

埼玉県

大宮/川越/川越第2/大宮第2/武蔵浦和/朝霞台/川越第3/所沢/南越谷駅前/春日部駅前/北朝霞/所沢第2

大阪府

大阪梅田/大阪なんば駅前/大阪京橋/

愛知県

名古屋駅/名古屋金山駅前

福岡県

天神駅前/博多

 

よくある質問

ココルポート よくある質問

Cocorportでは、すべての就労移行支援事業所(Office)が主要駅から徒歩10分圏内! 就労移行支援事業所は、企業に就職された際と同じような設備・レイアウトにしており、ノートPCを1人1台使えるように台数が完備。 更にドリンクサーバーが設置されていますので、お茶など無料で自由に飲むことが可能です。
自分自身のスケジュールや体調に合わせ、週何日からでもりようできます。 また、午前のみ・午後のみの利用も可能です。
Cocorportでは、独自に自宅から事業所までの交通費助成(上限1万円)を行っています。 障害福祉サービス受給者証が発行され、正式に利用開始になった方が対象です。( ※自治体から一部交通費支給を受けている方につきましては、差額実費分を助成致します。) また、交通費だけでなく、ランチ応援制度も行っております。
Cocorportでは、一人ひとりに適した支援(個別支援)にこだわりそれぞれの方に合わせた支援を行い、就職後も「自立」に向けたサポートをしています。これまで、就労経験のない方も、Cocorportから多く就職されております。
基本的に工賃の支払いはありません。

まとめ ココルポートに向いている人

メントス
ここまでココルポートについて色々な視点から調査をしてきました。

就労移行支援事業所は大きく分けて、一般総合型専門スキル特化型障害種別特化型の3つに分けることができ、ココルポートは一般総合型と言えます。

障害受容やセルフコントロールなどについてじっくり向き合いたい人や、就労経験が少なく一からビジネスマナーを学びたい人などに向けたプログラムが豊富にそろっているので、どんな方でも安心して通うことができる事業所ですね。

ひとりひとりに合わせた個別支援

ココルポートのサイトを見る

見学申し込みまで3分で完了!

 

就労経験も長く専門的なスキルを身につけてステップアップも考えている方はこちらの目的別ランキングをご覧ください。

こちらもCHECK

就労移行支援ランキング
【専門職が選ぶ】タイプ別 就労移行支援ランキング おすすめ事業所15選!

続きを見る

メントス
自分の目的に合わせて事業所を選ぶことが就労への近道です。

トラブルにあった場合は?

残念な事ではありますが、スタッフとの相性が合わないといった問題はどこの事業所にもあるかもしれません。

就労移行支援は嫌な思いをしてまで通う必要は全くありません。まずは、感じたことをスタッフや職員に伝え改善を求めてみましょう。

もし、全く取り合ってくれない、または直接事業所には言いにくいといった時には市区町村にある「福祉サービス利用相談窓口」を利用しましょう。

また都道府県には「運営適正化委員会」も設置されています。面談や電話、メール等で相談することができます。

就労移行支援が合わないといった場合は、障害者向けの転職サービスを利用する方法も検討されると良いでしょう。

公式サイト対象者エリア求人実績詳細を見る
LITALICO仕事ナビロゴ精神・知的・身体障害全国非公開求人多数障害者の就労支援 実績No.1詳細
 dodaチャレンジロゴ精神・知的・身体障害全国9割が非公開求 大手企業求人多数転職支援実績No.1 (2018~2020年)詳細
agentsana身体・内部障害首都圏中心非公開求人 85%が独自求人創業から29年の運営 高い内定率累計1,000名以上詳細
atGPロゴ制限なし全国掲載求人件数約1000件 非公開求人あり スカウト機能あり18年以上の運営 求人数No.1詳細
ShougaishaKoyou精神・知的・身体障害全国登録者は3万人以上 全国の就労支援機関の紹介も可能ハローワーク、他社のエージェント データベース 検索可能詳細
アビリティスタッフィングロゴ精神障害首都圏200件以上掲載 非公開求人ありリクルートグループ運営 精神障害者1000人以上の就労実績詳細

 

    -就労移行支援 事業所

    © 2022 就労三銃士の作戦会議 Powered by AFFINGER5