就活ノウハウ

【チェックリスト】働くための5つのスキル、職業準備性ピラミッドとは

職業準備性ピラミッド
  • 仕事を始めるために必要な準備って?
  • 特別なスキルが必要なの?
  • 自分が準備ができているかどうやってわかるの?

皆さんは「職業準備性」という言葉を聞いたことがありますか?

「職業準備性」とは障害のあるなしに限らず、職業生活を始めるために必要な条件が用意されている状態、能力のことをいいます。

能力と聞くと特別な資格や経験が必要に思うかも知れませんが、土台となるものは実は健康管理なんです。

さらに生活習慣・作業遂行能力や対人関係のスキルなども必要です。

この職業準備性をチェックすることで、今の自分が働く準備が整っているかを確認することができます。

この記事では、職業準備性ピラミッドとそのチェックリストについて詳しく説明していきたいと思います。

この記事を書いた人

公認心理師のサイトスです。

現在は、複数の企業でメンタルヘルスに関する研修やカウンセリングを行っています。

職業準備性とは

先ほど、職業準備性とは、働くにあたっての理解・生活習慣・作業遂行能力や対人関係のスキルなど基礎的な能力と説明しました。

サイトス
就労に必要なスキルとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

継続した就労のためには「健康管理」「日常生活管理」「対人技能」「基本的労働習慣」「職業適性」の5つ能力が必要です。

そしてこれらを階層別に整理したものが、職業準備性ピラミッドと呼ばれるものです。

職業準備性ピラミッドについて

職業準備性ピラミッドは基礎的な能力から順に積み上がっています。

職業準備性ピラミッド

いくら職業適性があったとしても、土台がしっかりしていないと・・・

ピラミッドはぐらぐらとしてしまい、長く就労を続けることが難しくなってしまいます。

職業準備性ピラミッド ぐらぐら
サイトス
これらの5つのスキルを高めるために、それぞれのスキルについて詳しく説明したいと思います。

必要な5つのスキル

ピラミッドの一番基礎である土台の部分から順に見ていきましょう。

1.健康管理

「健康管理」とは、

  • 自分自身の障害への知識や理解がある
  • 服薬等の健康管理ができる
  • 就労のための体力がある
  • 病気の予防や早期治療のための対処ができる

など、自分自身の健康をしっかりとコントロールするスキルになります。

2.日常生活管理

「日常生活管理」とは、

  • 基本的な生活リズムを整えられる
  • 身だしなみを整えることができる
  • 余暇活動を楽しめる
  • 金銭管理ができる

など、規則正しい生活を送るスキルです。

3.対人技能

「対人技能」とは、

  • 他者とのコミュニケーションがとれる
  • 感情のコントロールができる
  • 協調性がある
  • 自己発信ができる

など、他者と意思疎通を図るためのコミュニケーションのスキルになります。

4.基本的労働習慣

「基礎的労働習慣」とは、

  • 適切な言葉遣いができる
  • 基本的なビジネスマナーを身につけている
  • 就業する上でのルールを守ることができる
  • 報告・連絡・相談等の習慣を身につけている

など、会社のルールに沿って業務を進めていくスキルになります。

5.職業適性

「職業適性」とは

  • 職務への適性
  • 職務遂行に必要な知識・技能
  • 正確性
  • 処理スピード

仕事内容によって求められるスキルも異なりますが、業務遂行に必要な知識や技能といって良いでしょう。

職業準備性チェックリスト

サイトス
では、就労に必要な具体的なスキルがわかったところで、今自分がどの段階にあるのかを実際にチェックしていきましょう。

ネット上に色々な機関のダウンロード可能なチェックリストを見ることができるのですが、その中でも秀逸なチェックリストを紹介したいと思います。

職業準備性ピラミッド チェックリスト
出典:障害ちゃんねる checklist

こちらのチェックリスト(エクセルデータ)は質問に従って1~4までの数字を入れていくだけで、5角形のレーダーチャートであなたの職業準備性を見える化してくれます。

(4=完璧にできる 3=大体できる 2=支援があればできる 1=より充実した支援が必要 該当なしは空白)

職業準備性ピラミッド チェックリスト結果
サイトス
今の自分にとって身につけるべきスキルが一目でわかりますね。

職業準備性を高めるには、このようなチェックリストなどを用いて自分自身に不足するスキルを把握し、職業準備性の向上に取り組む必要があります。

職業準備性を高めるには

ピラミッドは土台がしっかりしていないとスキルを積み上げていくことができませんが、必ずしも一人の力で土台から積み上げなければならないわけではありません。

土台となる「健康管理」は、自分自身で体調管理をすることが難しい場合は、医療機関や専門家の定期的なチェックを行い早めに治療を行うことが大切です。

では「対人技能」や「職業適性」はどうでしょうか?

自分自身の足りない部分を客観的に判断することは非常に難しいのではないでしょうか?

サイトス
これらのスキルアップをサポートする福祉サービスが障害者就労移行支援事業所になります。

障害者就労移行支援事業所では、職業準備性を身につけるための様々なプログラムが用意されています。

プログラム一例

アンガーコントロール講座
リラクゼーション講座
メンタルケア講座
機能的コミュニケーション講座
就職準備講座
ビジネスマナー講座
社会生活スキル
自立機能講座
対人行動講座
自己理解講座
職業スキル講座

職業準備性のチェックやスキルアップには就労支援機関のサポートを受けるのが効果的です。

職業準備性ピラミッドのスキルアップをすべて自分一人の力で行い、全て身につけなければいけないわけありません。

足りない部分を「どうやって補っていくか」という視点で、医療機関や家族、支援機関のサポートを受けながら、整えていけば良いのです。

就労の準備を整える場である就労移行支援事業所は障害者手帳がなくても利用できる場合も多いですので、まずは資料を取り寄せてみるとよいでしょう。

就労移行支援ってどんなところ?

一般就労を希望する障害のある方へ、就労に必要なスキルを身につけるためのプログラムを提供し、就職活動、職場への定着支援を行う福祉サービスになります。
障害者手帳を持っていない方でも、医師の診断や定期的な通院を行っていれば、利用可能な場合があります。
事業所によっても違いがありますが、週1回から通えるところも多いです。生活リズムを整えながら無理のない範囲で通い始め、様子を見ながら就労にむけた準備を整えていきましょう。 専門的なスキルの取得を目指す場合などは、ある程度の通所回数が決められている場合もあるので確認しましょう。
利用料金は世帯所得(本人と配偶者)に応じて、「負担上限月額区分」が決められています。
区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満) ※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)。 9,300円
一般2 上記以外 37,200円
現在の状況やご希望によって様々ですが、早い方で半年ほど、じっくりと時間をかけてトレーニングしたい方やスキルの習得を目指す方は1年半~2年通われています。 すでに就職の準備が整っており、早期の就職を考えている方は転職エージェントをお勧めします。障害者向け 就職・転職エージェントおすすめ6選
原則として2年間です。 就労移行支援を1年間利用して就職後、離職。再び移行支援を利用する場合は残りの1年を利用できます。 場合によっては1年の延長が許可されることもあるので、まずは相談することが大事ですね。
コミュニケーション、障害理解、自己理解などの講座。ビジネスマナー、PCスキル、企業実習などの就労に必要なスキルを身につけるためのプログラム。応募書類の作成、面接練習など就活に必要な対策など多岐にわたったトレーニングがあります。 事業所によって強みが違うので複数の事業所に見学に行きしっかりと選びましょう。 タイプ別 就労移行支援ランキング
障害の特性として通勤がハードル高く感じる方もいるでしょう。在宅訓練可能な事業所も増えてきています。 事業所に確認することをおすすめします。
昼食の補助がある事業所もあります。 事業所によりますので確認してみましょう。 【東京】昼食提供・交通費補助あり!のおすすめ就労移行支援事業所
原則的には就労移行支援は働くために必要なトレーニングやサポートを受ける場ですので、すでに仕事をされている在職中(休職中)の方は利用できません。 ただし、自治体や事業所が支援が必要と認めてくれれば利用が可能です。例外の対応ですのでハードルは高いと言えます。 在職中の方で転職を考えている方は障害者向けの転職エージェントの利用も検討しましょう。 就職・転職エージェントおすすめ6選

おすすめの就労移行支援事業所

おすすめの就労移行支援

-就活ノウハウ