手帳・年金

障害者手帳のデメリット?運転免許が取れないって本当?

障害者手帳 デメリット 運転免許

障害者手帳はあらゆる制度を活用できるという点でメリットは大きいです。しかし、「運転免許が取れない」「運転免許の更新ができない」という噂が出回り、障害者手帳のデメリットとも言われています。

今回は、障害者手帳を持っている人が本当に運転免許が取れないのか?

取れる人と取れない人や、運転免許の助成制度について解説します。

障害者手帳があっても免許は取れる

結論から申し上げますと、障害者手帳を持っていても運転免許は取れます。ただし、厳密には取得できない人もいるので、まずは取得できる人と運転免許を取れない人を解説します。

取得や更新できる人

基本的には「てんかんや認知症以外の人」「運転中の意識消失の経験がない人」「身体を思い通りに動かせる人」は取得や更新ができます。また、十分な睡眠を取れていて日中に眠り込むことがないなども条件の1つです。

「てんかんや認知症以外の人」と表現しましたが、統合失調症や躁うつ病、持続性妄想性障害、肢体不自由、脳卒中などの方も該当する場合があるのでこのあと詳しく解説します。

運転免許が取れない人

運転は危険とされる代表的な病気(てんかんや認知症)を抱える人や、不整脈や起立性低血圧で失神した経験のある人は運転免許の取得は認められない場合が多いです。

先ほど、取得や更新できる人で紹介した「統合失調症や躁うつ病、持続性妄想性障害、肢体不自由、脳卒中など」を抱える障害者手帳保有者や、適性検査で不合格だった方、医師の指示で運転を控えるように言われている方は運転免許の取得や更新が難しいと言われています。

また、アルコール依存症・アルコール中毒の人や、医師から飲酒を控えるように言われているにも関わらず飲酒を続けている人も運転免許の取得はできないとされています。

ただし、統合失調症や躁うつ病の人でも運転している人はいらっしゃいます。その病気を抱えているからと言って全員が取得できないわけではありません。病気を抱えていても取得できる人は「身体を自由に動かせる」「意識がはっきりしている」「医師の指示にきちんと従えている」という共通点を持っているようです。

運転免許証取得の助成もある

障害者が運転免許を取得するための助成制度を取り入れている自治体があるのをご存知でしたか?

例えば埼玉県川口市は「障害者就職などのために自動車運転免許を取得する場合、それに要した費用の補助をする」としています。

運転免許の取得は27~30万くらい(合宿免許を覗く)とされ、障害を抱える人にとって大きな額であることが予想されます。

川口市のように仕事のために必要な場合や、東京都町田市のように「障がい程度が3級以上の身体障害者手帳又は4度以上の愛の手帳の交付をされている方」など、自治体によって対象は多少異なりますが、障害者が安心して免許を取れるような支援制度も充実しています。

つまり、障害者手帳を持っていることで運転免許の補助金を得られるというメリットになる場合もあるのです。

自分が取得できるか不安な方は

ここまで簡単にですが、「運転免許を取れる人と取れない人」について解説しました。自分が対象なのか不安という方は、専門機関に相談へ行くことがおすすめです。

相談先は「主治医」「運転免許センター」が良いでしょう。

主治医であれば、相談したうえで免許を取って良いことの証明として診断書を書いてもらえる場合もあります。運転免許センターの場合、安全運転相談窓口に電話することで対面等で相談に乗ってもらう機会が得られます。

運転免許センターで相談する場合、医師の診断書が必要なこともあるので、まずは主治医に相談してみる方がスムーズです。

ただし、運転免許の適正判断は運転免許センターが専門家なので、医師には運転免許を取るための診断書を依頼するという形がいいかもしれないですね。

おまけ:運転免許の適正検査とは

基本的には運転シミュレータを活用して、運転操作を行い、操作の確実性や判断力、瞬発力などを計測するそうです。

視覚・視野に障害がある場合は、視野検査なども実施する場合があります。そのほかには、いざという時に運転をかわってもらえる人がいるか、免許は何を目的に取得するのかなどの質問もされるそうです。

この時、免許取得のために嘘を話したり、少し誤魔化すような発言をしてしまった場合に困るのはあなた自身です。

正直な自分の状態を知ってもらい、免許が取れるのかを判断してもらいましょう。

障害者手帳=運転免許のデメリットではない

障害者手帳を持っていても運転免許を取れる人はいます。

ただし、全員ではない為、同じ病気でも取得できる人と出来ない人がいます。それはあなた自身の安全や、周りの人の安全を守るためです。

運転免許を取りたい人は、まず主治医や運転免許センターへ相談してみましょう。その際、自分が取得したい目的や、今後の病気との向き合い方も考えておくといいかもしれません。

運転免許を必要としていて、取得できる人は助成制度を活用しつつ、安心安全に運転してしてくださいね。

-手帳・年金